ルフォンリブレ蔵前・ルフォン浅草橋

[公式]ラクチカ東京プロジェクト|サンケイビルの新築分譲マンション


家賃生活から脱出し、住まいながら資産形成していく生活を!!

史上最低金利の今、家賃を払い続けるのではなく、将来を考えて資産形成を考える方が増えています。でも、せっかく資産形成をしていくのであれば、その【資産性】×【希少性】を見極めることはとても大切。不動産の将来価値につながるポイントをおさえ、この低金利時代に資産形成生活に転換しましょう。


駅徒歩5分の資産価値
「住む」「売る」「貸す」、将来価値が高い駅近物件。

駅から近いということは、もちろん通勤・通学にもお出掛けするにもフットワークがよく、“交通の利便性”が高いという大きなメリットがあります。でも駅徒歩5分のメリットはそれだけではありません。駅の周辺に集約しているさまざまな施設、金融機関や店舗などが“生活の利便性”を圧倒的に高めてくれます。朝夕の貴重な時間を効率よくこなすことができ、買い物や食事など充実した日々の暮らしを手に入れることができるのです。

「住む」のにメリットが高い物件は、「売る」にも「貸す」にも有利、売りやすく貸しやすい資産価値の高い物件ということになります。もしも将来、ライフスタイルが変化し、売却したいと思ったときにも、資産価値の高いマンションは購入時と比べて大きく減価することなく売却することができます。

リセールバリューという資産性を表す代表的な不動産指標があります。10年前に新築分譲されたマンションがいくらで売れたかを当初の分譲価格に対するパーセンテージで示したものです。東京23区内の駅徒歩5分以内のマンションは、リセールバリューが107.40%と高い数値になっており、将来価値が高いことがわかります。

このことからも駅徒歩5分の「ルフォン浅草橋」の将来価値、資産性の高さをうかがい知ることができるのです。

マンション戸数と騰落率

※東京23区内・築10年・専有面積30m2以上のマンションの価格騰落率を算出したものとなります。(マーキュリー2017年6月調べ)

駅徒歩5分の希少価値
将来価値が保たれる需給バランスの整った立地。

不動産として将来価値が高く見込まれる駅徒歩5分の物件。その価値が長く保たれる一つのファクターが、希少性です。人気が高く「借り手」「買い手」が多いにも関わらず、供給される数が少ない希少性の高い物件は、資産形成をするには需給バランスのよい好立地であるといえるでしょう。

2013年6月から2017年5月に発売されたマンション状況をみると、東京23区内で発売されたマンションは全1,210物件で、そのうち都営浅草線沿線は全177物件。さらに駅から徒歩5分以内の物件は65物件しかありません。

都営浅草線「浅草橋」駅徒歩5分に誕生する「ルフォン浅草橋」には、わずか約5%という希少性があることがわかります。

供給

※2013年6月~2017年5月までに販売されたマンションを集計したものとなります。(マーキュリー2017年6月調べ)

駅徒歩5分の立地価値。
千代田区、中央区を凌駕する「坪単価」で、賢く選ぶ。

■ 新築分譲マンション行政区別坪単価比較( 2017年4月~9月)

price

※データ出典:(株)マーキュリー「マンションサマリ」調べ(2017年9月時点)

「坪単価」という言葉をご存じですか?これは、マンションなどの価格を専有面積(坪)で割った1坪あたりの単価のことで、物件価格を比較する際に良く使われます。

【マンション計算例】(販売価格:7,000万円、専有面積66m2)
7,000万円÷66m2÷0.3025(m2を坪に計算)=坪単価350万円

そこで、千代田区、台東区、中央区など、周辺での新築マンションの平均坪単価を比較。すると「ルフォン浅草橋」が、いかに価格バリューが高いかが一目瞭然となりました。台東区のなかでも、東京駅2.5km圏内で、千代田区や中央区など都心により近いポジションでありながら、区平均よりさらにバリュアブルな結果に。これだけのアドバンテージがありながら、浅草橋には公園や図書館など行政で整備された公共施設が充実し、ショッピングやレジャーなども楽しめる、暮らしに嬉しいエリア。駅への徒歩分数も坪単価を高騰させる要因ですが、「ルフォン浅草橋」なら、駅徒歩5分という高い立地価値を賢く手に入れることができるのです。

オススメの理由1

将来の自分や家族のために資産形成する

あなたは、これまでいくらの家賃を何年間、支払いましたか? 仮に家賃12万円を35年間払い続けたとしたら、更新料や値上げがないとしても総額で5,040万円もの金額となります。そして、そこに住まう限りは、その先も家賃を支払い続けなくてはいけません。
マンションを購入し、家賃ではなく住宅ローンを支払うことで、将来の自分や家族のためにしっかりと資産形成をしていくことができます。

家賃12万円でも35年間払い続けたとすると・・・

なんと総額5,040万円
さらに支払いは続きます。

オススメの理由2

住宅ローン金利は史上最低。借りるなら今がチャンス!

住宅ローンの金利は史上最低といわれるほど低い水準です。ここ数年新築分譲マンションの価格は上昇を続けていますが、住宅ローンの支払いをシミュレーションしてみると、低金利がいかに有利であるかが実感できるでしょう。
例えば、5,190万円の住宅ローンの支払いを考えたとき、金利が2.475%であれば約184,845円となる月々返済額が、金利が0.575%ならば約136,452円となります。低金利なら元金が大きくても月々の返済額がおさえられるので、教育費などの将来の蓄えにゆとりを持ってのぞむことができます。

住宅ローンを借りるなら金利の低い今!!マンション購入のチャンスといえるでしょう。

家賃12万円でも35年間払い続けたとすると・・・

金利2.475%だと・・・・・・184,845

金利0.575%だと・・・・・・136,452

※借入金額4,690万円をボーナス払い0円、元利均等35年返済で、金利は金利引き下げのない都市銀行の変動金利2.475%と、当社提携ローンの引き下げ金利0.575%で算出したシミュレーションです。

オススメの理由3

少ない頭金でも購入可能だから

頭金をある程度貯めてからでないとマンション購入はできないと、思い込んでいませんか? 「ルフォン浅草橋」なら頭金が少なくても購入が可能です。生活を必死に切り詰め、家賃を無駄に支払いながら100万円貯めるのに何年かかることでしょう。しかし、がんばって頭金を10万円から100万円に増やしたとしても、月々の返済額は約2,377円しか減らないのです。

少ない頭金でも購入可能だから、早めに購入し資産形成をしながら、生き生きとした、あなたらしいライフスタイルを実現することができるのです。

頭金が10万円の場合と100万円の場合を比べても

月々の返済額は2,377の差しかありません。


「ルフォン浅草橋」なら、駅徒歩5分の2LDK+WIC+SICが 月々12.5万円~ 購入可能!

将来価値が保たれる需給バランスの整った立地。


plan_spec plan

住宅ローンのご案内

plan

※自己資金400万円、借入金額4,790万円をボーナス払い0円、月125,935円、元利均等35年返済で、金利は当社提携ローンの引き下げ金利0.575%で算出したシミュレーションです。

※提携ローンのご案内●提携金融機関/三井住友信託銀行●利率/変動金利0.575%(店頭金利2.475%より1.9%引き下げ※一定の条件が必要)●融資内容/100万円以上1億円以下(10万円単位)●返済期間/1年以上35年以内(1年単位)●返済方法/毎月元利均等返済(ボーナス時の増額返済も併用可)※借り入れの際には別途、事務手数料、ローン保証料等が必要です。(平成29年7月)

※掲載の室内写真はルフォン浅草橋のモデルルーム・Ctypeのメニュープランを撮影(2017年2月)したもので、一部オプション(有償)も含まれています。また、家具・調度品等は販売価格には含まれません。一部CG加工を施しております。

資料請求いただくと、
2物件の最新情報をお届け致します。