MENU

vol.1 心地よい部屋づくりのヒント

vol.1 心地よい部屋づくりのヒント vol.1 心地よい部屋づくりのヒント
家族構成やライフスタイルによって、

家族構成やライフスタイルによって、 リビングルームの位置付けや使い方はさまざま。
住環境をよりよく快適にする基本の家具配置や 雰囲気づくりのポイントをご紹介します。

 リビングルームにおいて最も大切なのが家具の配置。適切な家具配置さえ決まればそれに合わせた雰囲気づくりができるので、コーディネートを検討する基準になるからです。リビングルームは、ソファを置く場所がそのまま家族の居場所になると考えると、その居心地の良さを吟味する必要があります。温度変化や騒音の影響を受けにくく、環境の良い場所を見極めてソファやテーブルなどの大まかな配置を決めましょう。そのうえで、サイズやデザインを検討するのがスムーズなプランニングの手順です。

1 どう過ごすかを考えて選ぶ家具の種類
1 どう過ごすかを考えて選ぶ家具の種類

まずどんなスタイルでくつろぐか、何をしたいかについて、家族で話し合ってみてください。床に座るのか、ソファや椅子を使うのかを考えてみて、ソファを使う場合は、一度に座る人数や、座るときの姿勢を基準にしましょう。ソファでくつろぐときの姿勢は、横になる、あぐらをかくなど好みの姿勢がとれるようなサイズを選ぶことも忘れてはいけません。加えて、コーヒーテーブルや、サイドテーブル、本棚など、必要な家具を選びます。どんな家具を置くかは、どう使いたいかによって違うので、どう暮らしたいかをよく考えたうえで、家具選びをしてみましょう。

2 コンセントと最適視聴距離から家電の配置を決める
2 コンセントと最適視聴距離から家電の配置を決める

スポーツ観戦や映画鑑賞などが趣味というご家庭では、特に、コンセントのある場所を確認して、家電の位置から決めていきましょう。テレビのサイズを基準に最適視聴距離を考えて、ソファやオットマンなどの位置を割り出しますが、直射日光やエアコンなどからの影響を受けない場所を確保して、テレビと並行になるようにソファを置くことも大事。配線が見えないようにTVボードに引き込むタイプなど、さまざまな工夫がある家具も多いので、スペースとのバランスを考えて選ぶことをおすすめします。窓からの景色を優先したいときは、ソファに座って景色を楽しめるように計算したうえで、ソファの向きを決めます。

3 部屋の間取りと動線からレイアウトを検討する
3 部屋の間取りと動線からレイアウトを検討する

おおまかな家具の種類とサイズが決まってきたら、レイアウトを考えます。実際の部屋で検討するなら、家具のサイズにカットした新聞紙を広げたり、ヒモなどを使って実寸大の想定でサイズ感をイメージしてみましょう。このとき大切なのが、家具の寸法だけでなく、人の通り道や収納家具の扉の開閉動作ための寸法とゆとりの寸法も確保すること。家具の周囲に、座ったり立ち上がったりするためのスペースや、収納した物を出し入れしたり掃除をするための動作寸法などを確保しておきましょう。

ソファを選ぶなら

リビングの主役になるソファは愛着を持って大切に使い続けたいもの。ベストなソファ選びをするためには、それぞれの暮らし方にあったデザイン、素材、座り心地を知ることが肝心です。購入前に素材やデザインの特長、ソファの種類などを知っておくことが、快適なインテリアづくりへの近道です。

ソファ各部の名称と役割
ソファ各部の名称と役割
目的に合わせて選びたいソファのかたち

ソファのデザインは多種多様。それぞれの特長を知ったうえで我が家にふさわしいものを選びましょう。たとえば、リビングとダイニングを兼ねるならベンチソファを。背もたれを後ろに倒せる「リクライニングソファ」は映画好きにおすすめ。目的がはっきりしていれば、自ずとデザインや素材が絞り込めるものです。

How to Choose
コンパクトでもゆったりくつろげるソファ

リビングの中心となるソファ選びは、サイズや張り地など種類もさまざまで、どれにするか迷ってしまう方も多いようですが、サイズ感は小ぶりでも座面が広いタイプのソファをチョイスすれば、さほど広くないリビングでもゆったりくつろげる憩いのスペースが生まれます。また、壁の色に近い白を選べば、部屋全体に馴染むので、広々とした印象になる点でもおススメです。
スペースに余裕のあるリビングなら、L字のソファにオットマンを組み合わせて、ゆったり感をさらにアップ。白いソファは大人しい印象になりがちなので、壁のディスプレイやクッションやラグなどに遊び心をプラス。

スタイリストのおすすめピックアップ
秡川寿美礼(はらいかわ すみれ)
監 修
秡川寿美礼(はらいかわ すみれ)

心地良い住まいづくりとインテリアを提案するインテリアコーディネーター。(有)エル・エル・プランニング代表。著書に『住まいのインテリア設計』(秀和システム刊)。『HOUSE STYLING』ホームページ内(www.house-styling.com)にて『プロが教えるセンスのいい部屋づくり』好評連載中。

トップ

Copyright(C) THE SANKEI BUILDING Co., Ltd. All Rights Reserved.